2016年8月17日水曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド その8 白き小瓶

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。
※ 今回は盗賊ギルド関連のクエストではありません。


 ホワイトファイアルの二階に上がりうなだれるように椅子に座ったヌレリオンの姿を目にしたとき、私は彼がひどく老いた老人なのだと改めて認識した。
 この老人が一生涯懸けて探していた白き小瓶が割れていたと知ったらどれほど気落ちすることか・・・。
 とはいえ伝えないわけにはいかないだろう、小瓶は無かったなんて伝えてヌレリオンが他の場所を自分で探しに行くなんて言い出したらまたあの助手と言い争いになるだろう。
 正直に伝えるしかない。

「これは・・・言い伝えにある小瓶の外見そのものだ。しかし液体を納められなければ確かめるすべがない・・・これが自分で探し出さなかった事の罰か」
 私の手の中にある割れた小瓶をじっと見つめた後にヌレリオンはそう呟いた。
「では、どうやって壊したんだ?いや、お前に小瓶を傷つけられるだけの知識があるとは思えない。たとえ壊そうとしてもな」
 顔を上げ私に目線を向けるとそう吐き捨てるように言った。
 ずいぶんと失礼な言い草だが、ヌレリオンの顔に浮かんだあからさまな落胆の色を見ると私は何も言う気にはなれなかった。

「どちらにせよ、これで終わりだ。ご苦労だったなとっておけ」
 ヌレリオンは、私の手の中の割れた小瓶を受け取ると代わりに数枚の金貨を握らせた。
 正直、この老人の口の悪さには辟易していたし報酬の少なさには文句のひとつも言ってやりたかったが、私に手落ちはないとは言え老人の依頼が満足のいく結果にならなかったのも事実。
 言い争ったところでヌレリオンが余分に報酬を出すとは思えないし、そもそも私は欲しいのは盗むのが信条の盗賊だ。
 ニラナイ・・・いや、元はニルインか、の頼みじゃなければ探し物の依頼なんて受けない。
 それに、実を言うと白き小瓶のあった部屋にはクラルミルの残した錬金素材がけっこうな数あったんで採算は取れてるのよね。

 ホワイトファイアルから出て行こうとした私に、ヌレリオンの助手のクインタス・ナバレが声をかけてきた。
「力添えには感謝してるよ。先生は懐が寂しいときがあるもんでね。」
 そう言うと私に小銭袋を差し出してきた。
「小瓶は割れていたけど、これは報酬に値する仕事だよ」
 一旦は納得したのにそういう事をされるとなんともいえない気持ちになるわね・・・まあ貰うけど。
 ものはついでで、クラルミルの残した錬金素材を見てもらおう。丁寧に保管されていたとはいえ使えなくなっている素材もあるかもしれない。
「ああ、もちろん。ええと・・・これはデスベル、クリープクラスター、オレンジ・ダートウィング、シャウラスの卵・・・・・・」

 クインタス・ナバレに錬金素材を見てもらい、いくつか薬を調合してもらった後に、私はニラナイに事の顛末を話した。
「そう・・・白き小瓶が割れていたのは残念だったけど、ヌレリオンの魂が迷うことなくエセリウスへ送られるっことを祈るわ」
 いやまだ死んでないって。
「そ、そうだったわね。ともかく貴女はよくやってくれたわ。報酬は出せないけれど・・・」
 別にいいわよ。それよりクラルミルの墓の道中で拾った物がいくつかあるから買い取ってよ。
「ええ、もちろん。特別価格でご奉仕しますわ」

2016年8月16日火曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド その7 白き小瓶

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。
※ 今回は盗賊ギルド関連のクエストではありません。



 見捨てられた洞窟に入るといきなり白骨死体に出くわした。
 さらに中からは狼の遠吠えが聞こえる・・・ヌレリオンのようなろくすっぽ戦闘経験のないような老いた錬金術師が来ても白骨死体の仲間入りしていただろう。
 こちらは盗賊とはいえ、それなりの戦闘経験はあるつもり。ニルインに教わった弓を早速試してみる。

 狼を倒した洞窟の奥は古代ノルド様式の遺跡になっていた。
 白き小瓶を作ったクラルミルがいつの時代に生きていたのかヌレリオンは具体的には教えてはくれなかったが、ここがクラルミルの墓というのは間違いが無いのだろう。
 しかし、中はろうそくやたいまつなどの灯りがついている・・・人の出入りは無いはずだけど。

 その理由はすぐに分かった。
 注意深く進むと、狼とは違うペタペタと湿ったような足音が聞こえてきた。
 ぼろぼろの古代ノルドの皮鎧を着た、干からびたように見える身体の・・・あれはドラウグルだ。
 ドラゴンが人間を支配していた時代、竜教団の司祭の死体と共に埋葬された生ける屍だと聞いたことがある。
 幸いにして動きはそれほど速くはないので、私の弓の腕でも充分に倒すことができる。
 ニルインがここまで予測して私にこの仕事を回したのかは怪しいけど、彼の言ってた通りに腕試しには最適だろう。

 とはいえ油断できる相手でもないのは確か。
 私はコートとフードを脱ぎ去り確実に一体ずつ倒しながら先に進んだ。
 寝ていたドラウグルが起きて襲ってきたのにはびっくりしたけど。

 時には弓で倒しきれずに接近戦で、時にはあからさまな罠のある部屋をやりすごし私は奥に進んだ。

 遺跡の最奥、クラルミルの棺のさらに奥の小部屋に白き小瓶のありかへと繋がる仕掛けがあった。
 自分の棺よりも奥に隠すとは、白き小瓶はクラルミルにとって相当大事なものだったようだ。

 仕掛けは何かを注ぎ込むような器の形をしている。
 器にヌレリオンから預かった混合物を入れると小部屋の壁の一部が動き白き小瓶の隠された部屋が現れた。

 見付かった白き小瓶は残念ながら割れていた・・・・・・。
 この割れた小瓶がヌレリオンの人生をかけて捜し求めていた物だというのは、あまりにも悲しい結末だ。
 けれど私にはこの小瓶をどうすることもできない・・・ヌレリオンに届ける以外は。

2016年8月15日月曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド その6 白き小瓶

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。
※ 今回は盗賊ギルド関連のクエストではありません。


 ニルインは良家の出でありながらヴァレンウッドのギルド"銀の三日月"に所属していたが、その所業を父親に知られデルビン爺さんのつてでリフテンに移り住むことになった男だ。
 ウッドエルフだけあって弓を得意としていて手ほどきもしてくれる、もちろん金は取られるけど。
「ひとつ腕試しにちょっとした宝探しをしてみないか?ウィンドヘルムのニラナイがお前に頼みたいことがあるそうだ」


 ニラナイ、ウィンドヘルムの市場で雑貨屋を営んでいるハイエルフ・・・というのが表の顔で裏で盗賊ギルドと繋がって盗品も扱っている女だ。
「正式な依頼という訳じゃなくあくまで"お願い"として聞いて欲しいの」
 ニルインの話を伝えると彼女はそう切り出した。

 市場のすぐ目の前にある錬金術店ホワイトファイアル、そこの主人のヌレリオンは長年"白き小瓶"の伝説を追いかけてきた。
 "白き小瓶"とはクラルミルという男が世界のノドに初めて降った魔法の雪から作り上げた小瓶で、中に入れた液体を充填する性質があると言われている。
 ヌレリオンは最近、その小瓶の所在を突き止めたらしいが、老いたヌレリオンに残された時間は少なく小瓶を取りにいける身体ではない。

「ヌレリオンの代わりに白き小瓶を取ってきて、できれば彼に渡してほしいの」
 ニラナイの"お願い"はそういう事だった。
 正式な依頼じゃないからニラナイから依頼料は出ない。だけど、何故そんなにヌレリオンの事を気にかけるのかぐらいは教えて貰わないとね。
「強いて言うなら、この北の地で暮らす同じハイエルフが志半ばで死ぬのを見たくないだけよ。白き小瓶を一目でも見ることができれば彼の魂は安らかにエセリウスへ向かうはずよ」

 ホワイトファイアルに入ると二人の男が言い争いをしていた。
 ひとりは若いインペリアル、もう一人は年老いたハイエルフ。このハイエルフがヌレリオンだろう。
 白き小瓶を探しに出かけようとしているヌレリオンを助手のインペリアルが止めているところらしい。
「げほっ!ごほっ!」
「そら見たことか。まだ良くなってないんだよ。いま薬を持ってくる」
 言い争いはヌレリオンが咳き込んだことで中断された。
「ふん、治してくれる薬があるならとっくに見つけておるわ・・・」

「うん?客か?欲しいものがあるならそこのクインタス・ナバレに聞け。他人の世話を焼くのが好きな愛すべきおせっかいだ」
 ニラナイにある程度聞いていたが、ヌレリオンは相当の頑固者みたいだ。
 私は、老人の機嫌がこれ以上悪くならないように気をつけながら老人の代わりに白き小瓶を探し出してくることを提案した。
「やってくれるのか?老いぼれに手を貸してくれる人がいるとは嬉しいことだ」
 ヌレリオンは表情は変えないものの、その声は心なしか柔らかくなり白き小瓶のありかを丁寧に私に説明した。
「あれは製作者のクラルミルと共に埋葬されている。西にある見捨てられた洞窟の中だ。クラルミルは狡猾な男だった。死後もそれは変わらん。錬金術に練達していなければ奴の墓所にはたどりつけん。」
 つまり、特殊な錬金術の調合物が無ければ白き小瓶は手に入らないってわけね。
「そうだ。だが、ついているな。私がもう混合物を調合しておいた。さあ、もっていけ」
 私は、カウンターに置かれた混合物の入った瓶を受け取るとクラルミルの眠る洞窟へ向かった。

2016年6月13日月曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド その5 サマーセット・シャドウズ

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。



2016年6月12日日曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド その4 サマーセット・シャドウズ

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。


2016年6月11日土曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド その3 サマーセット・シャドウズ

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。