2017年3月22日水曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド13 デインティ・スロード号

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。


 ソリチュードの北西、灯台近くの入り江にデインティ・スロード号は泊まっていた。
 船の甲板には船員ともごろつきとも判然としない男たちがうろついている。船長は今は下船していて船の中にはいないという事だったが、船員の大半は船に残っているようだ。

 さすがに日中に忍び込むのは得策ではないと考え、暗くなるのを待って船に侵入した。 甲板には堂々とスクゥーマの瓶が置いてあり海賊船ではないものの真っ当な船ではないことが推察できる。船員に見つかれば問答無用で切りかかってくるだろう。

 なんて心配するほどもなく誰にも見つかることもなく易々と船長室に忍び込みバルモラ・ブルーを船長の手荷物の中に紛れ込ませることができた。
 所詮はスクゥーマ中毒のごろつき共という事か、自分たちの船に誰かが忍び込むなんて考えも及ばないのかもしれない。これなら暗くなるまで待つ必要はなかったかもね。
 もちろん、こんなに簡単に忍び込んで仕事を済ませることができたのは私の腕があっての事。自惚れる気はないけど確かな事実よ。


 依頼は終わらせたわ。
 次の日の朝早く、ブルーパレスに出仕する前のエリクールをつかまえてそう言うと彼は満足げにこう言った。
「ああ、知ってる。ヴォルフ船長は今頃、監獄に向かっているはずだ。」
 随分と仕事がはやいわね。おそらく昨夜のうちに部下に指示を出していたのだろう。
 しかし私が報告に来る前に指示を出せるという事は、私に気付かれずに私とデインティ・スロード号を見張っていたのか。随分と優秀な部下がいるようだ。
「仕事は終わった。これはお前の努力に対する感謝のしるしだ。おっと、デルビンによろしくな。必要ならソリチュードでどんな店も喜んで再開すると伝えてくれ。」
 私に依頼料を渡すとエリクールはブルーパレスへと出向いて行った。収監されたヴォルフ船長の顔を拝みにいくんだろう。


 盗賊ギルドに戻るとデルビン爺さんは、この上ないくらいの上機嫌な笑顔で出迎えてくれた。
「エリクールはヴォルフ船長が足かせをはめたまま残りの人生を送ると伝えてきた。それより最大の収穫は、ソリチュードへの出入りと活動の再開を彼が約束してくれた事だ」
 スカイリムの首都であるソリチュードに"つなぎ"ができた事は盗賊ギルドにとってこの上ない躍進をもたらすはずだ。デルビン爺さんの笑顔も納得だ。
「今度の成功でギルドにさらなる強さがもたらされた。商人がもうひとり、それからギルドに新人がやってきたぞ」
 へえ、新人がね。
「なるべくして盗賊になったという感じだな。ここだけの話、ヴェックスも感心していたぞ。たいしたもんだ」
 え?ヴェックス姐さんが?それホント?すごくうれしい!
 ヴェックス姐さんといえば盗賊ギルド一の凄腕の盗賊で、私も開錠術を教えてもらったり仕事をまわしてもらったり色々と面倒を見てもらっている。とても尊敬している女性だ。
 ただとても口が悪くて「仕事の山は放っといても勝手に片付いちゃくれないぞ」とか「一日中その辺をぶらぶらしてるつもりかよ」とか大抵は厳しい言葉ばかりしかかけてはくれない。
 その彼女が私の仕事ぶりを認めてくれるなんて素直にうれしい。

 嬉々としてヴェックス姐さんに仕事の報告に行ったけど、姐さんは相変わらずの様子だった。
 う~ん…やっぱり面と向かっては褒めてはくれないか……。

2017年3月20日月曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド12 デインティ・スロード号

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。


「ソリチュードに行き、エリクールに会え。」
 ラグド・フラゴンのテーブルに着いて一見小難しそうな顔をしているデルビン爺さんは、それでも上機嫌さが隠せない様子で僅かに口角を上げて私に特殊任務をまわしてきた。
 このところ盗賊ギルドの仕事は順調でウィンドヘルムとホワイトランには強い"つなぎ"ができて、盗賊ギルドの本拠地であるここラグド・フラゴンには商売人も増えた。
 上機嫌にもなろうというものだ。

 手前味噌だけど、その順調な盗賊ギルドの仕事の一端とも言えない程の量の仕事をこなしているのが私。
 奇遇なことに、私が盗賊ギルドに入ってからというもの衰退の一途だった盗賊ギルドが昔の栄光を取り戻そうかとするかのように仕事がうまく回りだした。

「彼はある種のサクラを使う仕事をしている。彼はお前のことを必ずしも手放しで歓迎しないだろう。だが焦りは禁物だ。この仕事を立派にこなせば、我々はそこで大事な友人を作れるんだ」
 まあ、一般的には好ましく思われないのは分かってるわ。

「やっと来たか」
 驚くことにエリクールとはなんとソリチュードで従士を務める男だった。
 ここスカイリムの首都で上級王が住むブルーパレスにも出入りする従士が盗賊ギルドに依頼とは……。
 わざわざブルーパレスでそこの従士といかがわしい話をする必要はない。私は彼が自宅に戻ったところを見計らって彼に接触した。
「信用できない者と取引する習慣はない。だからデルビンに最も優秀な者をよこすよう依頼した。」
 だから私が来たのよ。
「ふん、それはまだ分からないな。約束を破られるほど苛立たしいことはない。商売に悪影響を及ぼすし時間も無駄になる。」
 どうやらこのエリクールという男、いわゆる一般的な肉体派のノルドではなく頭を使ってのし上がったタイプらしい。
 ノルドの中では珍しいけれど、商売上手で知られるインペリアルもノルドと同じネディック人をルーツに持つらしいし不思議な話ではないのかもしれない。

「本題に入ろう。デインティ・スロード号のヴォルフ船長は合意済みの貿易協定を無視し、私の忍耐力を試そうとしている。
 奴に過ちを気付かせるため、スロード号にこっそり乗船し、密輸品を置いてきてほしい」
 濡れ衣を着せて監獄送りにしようって訳ね。
 その手の仕事は初めてじゃないし、盗賊ギルドに入ったきっかけだって…いや、その話は今はいいわ。
「 そんじょそこらの盗品を仕込んですぐに釈放されるような罪で済ませようって話ではない。
 港に停泊しているレッドウェーブ号の一等航海士サビーヌ・ナイッテからバルモラ・ブルーを手に入れてそいつをヴォルフ船長の手荷物へ仕込むんだ。」
 バルモラ・ブルー…?それはそんなに大層な代物なの?
「スクゥーマと同じ原料のムーンシュガーから作られる薬だ。効力を高めるために様々な材料が加えられているが詳しくは分からん。
 モロウィンドのバルモラがまだ健在だった頃は裏の人気商品だったが、今では貴重品どころではない。
 もちろん厳しく禁じられている。所持して捕まれば、やたら長いこと監獄でくすぶる事になる。
 お前がお膳立てをすれば、あとは俺がやる。下船しているヴォルフ船長が船に戻った時に、役人が待ち構えているという寸法だ」
 こっちだって盗む以上のことをするつもりはないわよ。
 デインティ・スロード号の正確な場所を聞いたらさっさと仕事に取り掛かるわ。

 私はバルモラ・ブルーを手に入れるためにレッドウェーブ号の一等航海士サビーヌ・ナイッテに接触した。
 サビーヌは一等航海士というよりは用心棒といった方が似合うような、重装に大きな戦槌を背負った女だった。
「私のところに来て正解ね。タムリエルであれを手に入れられるのは、もうここだけだもの。モロウィンドのバルモラは今は灰の下。バルモラ・ブルーの材料や調合方法を知る人間は他にはいない。当然、値段はそれ相応のものになるけど、買う気はある?」
 彼女の提示した金額はとんでもないものだった。
 全く手が届かないって額ではないけれど、まともに払ったら大赤字だ。
「 非合法の密売品が高すぎたみたいでごめんなさいね。次の商人ギルドの会議に提起するといいわ。」
 彼女は値段の交渉には応じず皮肉たっぷりにそう言った。
 値引きをする気は一切ないようだ。
「 値段は分かったでしょ。その気になったらいらっしゃいな。」

 ところがぎっちょん実をいうと最初からまともに買い取れるとは思ってはいなかった。
 私はサビーヌ・ナイッテに接触する前にレッドウェーブ号に忍び込みバルモラ・ブルーを盗み出すべく物色していた。
 目的のバルモラ・ブルーは見つからなかったものの、船底でサビン宛のメモを見つけた。内容は停泊しているレッドウェーブ号付近の水底にバルモラ・ブルーを入れた宝箱を沈めていて、その宝箱はサビーヌが持っている鍵でしか開かないというものだった。
 鍵開けに挑戦するのはやぶさかでないけれど、水の中でそれをやる気にはならない。もし私がアルゴニアンだったら話は別だけど。それに鍵を持った人間がすぐそばにいるなら、そいつから鍵をスリ取った方が早い。
 という事でサビーヌに接触して彼女と取引をするふりをして鍵をスリ取ったわけ。

 水底の宝箱から無事にバルモラ・ブルーを回収した私はデンティ・スロード号に向かった。

2017年1月8日日曜日

新規ワールドの作成 番外 とりあえずLODを生成してみる。

新規ワールドのオブジェクトの配置はまだ途中ですが、遠景を生成してみました。



 新規ワールドは当然ながらLODが無いため自キャラからある程度以上距離のある土地やオブジェクトは表示されません。
 LODの云々についてはググっていただければ分かるかと、世の中大抵の事柄はググれば出てきます。

 最初はSE版のCKでLODの生成ができないものかと色々と試してみたんですが、フォルダは作成されても中身が無かったりBSAから必要ファイルを抽出したりして生成しようとしたら何度やってもCKが落ちてしまったりという結果ばかりで諦めました。

 次に旧版のCKで生成してみようと試してみましたら生成はされるもののセルを区切るように格子状の黒線ができてしまい断念しました。
 多分ちゃんと下準備して生成すればまともなものが生成できるのではないかとも思います。

 で、結局Oscapeで土地の生成をしてTES5LODGenでオブジェクトの生成をしました。
 TES5LODGenよりDynamic Distant Objects LOD - DynDOLODの方が良いんじゃないかとも思われるでしょうが、今回はとりあえずの生成といいうことでTES5LODGenを使用しました。
 土地やオブジェクトの追加や変更をした場合は、生成しなおす必要があります。

参考にさせていただいたサイト様(敬称略)


 Oscapeを使用する前にまずはCKで下準備をします。
CK Wikiのこちらのページに書かれているとおりの作業をします。
※データのバックアップ(特にespのバックアップ)は必ず行ってください。
※生成前のespはまた使用します。 

1.CKでLODを生成するespをロードします。(今回はCageIsland.esp)

2.Object WindowのMiscellaneousの項目の中のTextureSetを選択してFilterに"landscape"と入力します。
3.必要な項目、または全ての項目を末尾にCOPY0000と付けて複製します。
 ※ 新規ワールドのLandscape Editで使用しているテクスチャだけ必要ですが、全て複製しても問題ないと思います。

4.Miscellaneousの項目の中のLandTextureを開きます。
5.先ほど複製したTextureSetを使用している項目を開き、左上のTexture Setを複製したものに変更します。
※ LandscapeCaveDirt01が設定されていればLandscapeCaveDirt01COPY0000に変更します。
    全て複製していた場合は、全て変更します。
    LSnowCobble01で使用されているSnowRock01だけ先ほどのフィルターから外れていたので複製してから設定します。

6.espをセーブしてCKを閉じます。

この作業をせずにOscapeで生成すると下の画像のようにLandscape Editで塗ったテクスチャが反映されずに生成されるようです。


 次にOscapeでの作業に移りますが、SKYREAL様のLOD作成チュートリアル:地形編のページで詳しく説明されているのでそちらを参考にしてください。


 最後にTES5LODGenでオブジェクトの生成をします。

 TES5LODGenを立ち上げてしばらく待つとLODGen Optionsというウィンドウが開くので新規ワールド(今回はCageIsland"Cage Island")のみチェックをしてGenerateをクリックします。
 先に土地のLODを生成しておかなければ新規ワールドのチェックボックスは現れません。




 生成の処理が終わったらTES5LODGenを閉じます。

 無事に生成されました。

 実際に遠景が表示されたものを見てみると考えてたようなオブジェクトの配置とズレがあるなあと思ったりしています。

 生成してしまえば生成直前のespでもちゃんと表示されるようです。

2016年11月15日火曜日

Skyrim Special EditionとBethesda.net

Skyrim Special Edition が日本でも発売されました。
PC版のLEもしくはDLCをすべて購入していた人には無料で配布という大盤振る舞いでしたね。

 まだ数時間しかプレイしていない上に32bit版のVanilla環境とちゃんと比較した訳ではありませんが、グラフィック面でも割と細かく違いが見えます。

 Skyrim Special Edition(以下SE)はCS機でもMODを使用することができるようになったというのが大きな違いかもしれません。
 私はPS4もXbox Oneも持ってませんけどね。

 CS機はBethesda.netにアップロードされたMODのみダウンロードして使用できるようです。
 NexusやLLのMODをダウンロードすることはできないという訳です。
 また、PS4版は外部アセット(リソース)禁止という事で、実質espのみで作動するMODのみ使用可能という事になっています。
 そして、当然ながらSKSE、ENB、FNIS、Tes5Edit、BOSS、LOOT、NMM、MOなどはPS4版XboxOne版共に使用することはできません。
 DLしたespをTESVTranslatorなどで翻訳することもできません。

 などとネガティブな部分ばかり書きましたが、現時点で結構な数のMODがBethesda.netにアップロードされているようです。


 PC版のSE用のCKをダウンロードするのもBethesda.netへの登録が必要です。
 Bethesda.netへのMODのアップロードもCK経由で行います。

 
 まずはアップロードするMODをアクティブにして開きます。

まずはCKでBethesda.netへログインします。

次に、どの機種のMODをアップロードするか選択します。

 新しくウィンドが開くので新規MODの場合は左下の Create New Mod をクリックすると新規MODのページの設定画面が開くのでタイトル、本文(MODの説明)、カテゴリ、言語を設定します。
 MOD説明の画像などは後からBethesda.netのサイトでアップロードします。
 ここで入力した情報も同じように後から修正できます。

Title 
MODの名前です

Description
MODの説明文です。
使用目的や内容をなるべく丁寧に説明した方がDLされやすいようです。

Categories
MODのカテゴリです。
複数選択できます。MODデータベースなど参考にすると良いかもしれません。

Language
日本語には対応していないのでEnglishでいいと思います。

右下の Create をクリックするとアップロードされます。
この時点ではまだMMODは公開されていません。
Click here to finalize the mod on Bethesa.net.をクリックするとウェブブラウザで設定画面が開きます。

赤い丸で囲んだ PUBLISH をクリックすると公開されます。
画像などはグレーの歯車のあたりへドラッグ&ドロップでアップロードできます。

設定の変更が終わったら SAVE をクリックして保存します。
以上でアップロードの終了です。


 余談ですが、前回から作成している新規ワールドは旧CKから新CKに移して作業を続けています。
遅々として作業は進んでいませんが。

2016年10月10日月曜日

新規ワールドの作成 01

 久々にCKを触ってみた話。


 先日、SSDに換えたついでにWin10にしてみたら以前のセーブデータで起動できなくて困っています。
 まあ、HDDはそのまま残っているんでそちらでプレイできなくもないんですが。
 などという私的な話はともかく、かなり前に新規ワールドを作成してみた事がありましたが、今回はもっとちゃんとしたものにしてみようと思います。

まずは、CKを起動して左上のFile → DataからSkyrim.esmにチェックを入れてOKをクリックします。

  saveから任意の名前を付けて新規espを作成します。
 今回は島のような形にしようと思うのでCageIsland.espという名前にしました。

 World → World Spaces を選択すると WorldSpaces というウィンドウが開きます。

 左のワールド一覧の空白部分を右クリック>NEWで New form Editor ID というウィンドウが開きます。
 新規ワールドの名前を付けてOKをクリックします。
 Editor ID はスペースなどは挟まない方がいいと思います。
 今回は CageIsland と付けました。

 Name はワールドの名前です。屋内から外に出るときに「スカイリム へ」などと表示されるアレです。
 Parrent Worldspace は他のワールドの設定と同じにできる・・・という事だと思います。
 Sharable Data の囲いの中の Use LOD Data などのチェックボックスにチェックを入れると同じ設定になります。

 Use Land Data は地面と水面の高さの設定ですが、ここにはチェックを入れずに地面を0、水面を-600の高さにしておきます。

 細かい設定は後回しにして、とりあえず下のOKをクリックして閉じます。

 ちなみに、こちらが Tamriel の設定です。

 次に、Cell View ウィンドウのドロップダウンリストから、今作成したワールドを選択します。

 EditorID の任意のセル(今回は座標が0, 0の場所)のIDを変更します。
 CageIsland というIDは既に使用しているので CageIsland01 という名前にしました。

 こうすることでコンソールで COC CageIsland01 と入力してこの場所に移動できるようになります。

 いま名前を変更したIDをダブルクリックして Render Window にワールドを表示させます。
 とりあえず目印に焚火を設置してみました。
 Object Window で一覧の MovableStatic を選択して上の Filter に Campfire と検索すれば出てくるのでドラッグ&ドロップで Render Window に持っていけば設置できます。

 ここで一旦スカイリムを起動して確認してみます。 espはこまめにセーブするのを忘れないでください。
 以前のデータはcommon\Skyrim\Backupの中にあるので上書きしてしまっても、そちらから復旧もできます。

 次に地形の編集をします。
 World → Landscape Editing でLandScape Edit Setting というウィンドウを開きます。

 Heightの囲いの中の Edit Radius: の数値を変えると編集する範囲を変更できます。
 Render Window に表示されている赤い丸が編集する範囲です。
 左ドラッグで地面を盛り上げたり下げたりできます。

 Textureの囲いの中の一覧から草や砂利などのテクスチャを選択して右ドラッグで塗っていきます。
 一つのセルの中で表示できるテクスチャの種類は限りがあるのかも知れません。(未確認)

 マウスの中ボタンドラッグで視点の平行移動、Shft + ドラッグで角度を変えることができます。
 なにかオブジェクトを選択しておけば、選択したオブジェクトを中心に角度が変わるので見たい角度に合わせるのが楽になります。
 視点がどこを見ているのか分からなくなった時には、Cell View で任意のセルをダブルクリックして視点をリセットします。

 寸尺が分からなくなってしまったので家も一軒置いてみました。

 とりあえずこんな感じで作っていきます。

2016年8月30日火曜日

似非プレイ記 盗賊ギルド11 偽の恩赦

※ 盗賊ギルド関連のクエストのプレイ記ぽいものです。冗長や省略が多々あります。